森田健作、芸能界入りのきっかけは「ハンバーグと寿司」




大手芸能事務所「サンミュージック」のグループ創立50周年記念式典が行われ、所属タレントら約160人が出席した。同事務所の第1号タレントは、森田健作(現・千葉県知事)。芸能界に入ったきっかけを聞かれると、ハンバーグと寿司をごちそうになり、「『芸能界に入ればこれが毎日食べられるぞ』と誘われた。食事に釣られて入りました」と語った。同事務所には、ダンディ坂野、スギちゃんら「一発屋」と呼ばれるお笑いタレントも所属。カンニング竹山は「俺は一発屋じゃないけど」と前置きした上で、「ダンディやスギちゃんは仕事がないふりをしているけど、実はそこそこもらっている」と明かして笑いを誘っていた。

出席者:森田健作、西郷輝彦、ベッキー、ダンディ坂野、カンニング竹山、スギちゃん、メイプル超合金 ほか

2018年11月27日;東京・芝公園
6分44秒

【時事通信社】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)